月別: 2016年12月

色鮮やか

イタリアンの魅力ってなんなのでしょうか。手っ取り早い方法は……と考える時は、和食のかつどんだったり、中華のラーメン、などが最初に来てしまうかもしれません。イタリアンレストランランチは、調理時間もかかりちょっと敬遠されていた面もあるかもしれません。

イタリアンレストランのランチを求めているのはファッショナブルな若い人たちだったり、女性たちだったりします。イタリアンレストランは、美味しい味の前には、視覚的色鮮やかさで人々を楽しませくれる魅力があります。

かつてのイタリアンレストランといえば、スパゲティー、グラタン、ピザ程度をイメージして、真っ赤なトマトソースパスタに濃い緑のバジルを添えたり……という発想まで届かなかったでしょう。今はいろいろな場所で、例えば、「真っ赤なトマトソースパスタに濃い緑のバジル添え」などのかなり凝ったイタリアンを食することが出来るようになったのです。それは、美味しさはもちろん、決して見た目でも妥協のないイタリアンであり、ランチだからとシェフは手抜きなどしてません。

イタリアは海に囲まれて、温暖な地中海性気候であり豊富な食材を採ることが出来ます。ブーツの形に例えられる細長い地形で、北と南では食材や味付けにかなり違いがありとても魅力的な国です。

 

自分で体験する

イタリアンレストランのランチの魅力は、なんと言っても、夜ではお金的にかなり負担がかかるものの、ランチではお得に食べることが出来ることです。イタリアンレストランのランチなら、週に二回だって、三回だって通うことが出来るのではないでしょうか。

そして、ランチで美味しい体験をしたら、夜はどんな感じなのか絶対に期待してしまうものです。夜のディナーはお値段も高く、更にワインなど注文してしまうことになり、相当の料金を覚悟しなければならないケースもあります。それでも、給料日には、誕生日には、そのようなディナー体験を一度はしたいものです。

今、グルメ通の人たちが大変多くいますが、そのような人たちは、インターネットで情報を収集して知っているだけでは、きっと周囲の人たちから軽視した目で見られてしまうでしょう。大事なことは、自分でそのお店へ行き、自分の感想を持つことです。下調べ程度にネットを使い、お店の雰囲気や味は実際に足を運んで自分の目と舌で感じるようにしましょう。

女子会など開催するときに、「こういうお店があるけど、どうかしら……?」と紹介することが出来ます。このようなアクションがこの現代社会において、とても価値ある自己表現の方法です。他の友だちよりも一歩リードしているという感じがひしひしとします。

お昼にはいろいろなイタリアンレストランのランチを体験してそこからまずはスタートしましょう。